部署紹介

栄養課 イメージ画像

多くの職種との連携し、患者さんの「食べる」を支える

栄養課では、安全・安心な食事の提供を軸に、患者さんの栄養状態や食事摂取状況を把握し、その維持や改善に努めています。食事(栄養)は全ての患者さんに関係しています。しかし、病態や嚥下状態、リハビリテーションの活動量などの情報がとても重要で、管理栄養士が単独で力を発揮できるものではありません。医師や看護師をはじめ多くの職種との連携が必要で、日々学ぶことが多くあります。患者さんを中心にした多職種とのチーム医療を通し、患者さんの「食べる」を支え、病気の回復の一助となるよう努めてまいります。

スタッフインタビュー